本格シーズンはまだまだこれから!「秋のデカバス」を釣ろう!




いつもBBF Blogをご覧いただきありがとうございます!

管理人のリンミーです!

 

さてみなさま、暑い夏も終わりに近づき、いよいよ秋を迎えようとしています。

秋といえば、「食欲の秋」「読書の秋」などいろいろあると思いますが、私たちバサーにとっては「バス釣りの秋」です。

夏の暑いシーズンが終わりバスの活性もピークに近いのが秋の季節!!

また冬に備えてバスが荒食いに入るのも秋の季節

秋の季節は1年で最もブラックバスフィッシングが楽しめる季節なのかもしれません。

しかし、そんな秋のバス釣りにも難しい点があります。

本日はそのあたりも含めて「秋のデカバスを釣るための方法」について紹介していきたいと思います!

 

秋バスの特徴!!

まずは他の季節と比較しての「秋バス」の特徴について紹介していきたいと思います!

 

秋バスの特徴

・夏場のバスは水温の高いシャローを避けて、ディープ層や日陰、流れ込みなどにいることが多いが、秋になると水温も下がりシャローなど様々な範囲で行動する。

・冬に備え、活発的に捕食活動を行う。

・夏は虫などに比べ、秋は小魚などを積極的に捕食することが多い。

 

春夏秋冬のなかでも秋はバスにとって活動がしやすく、また冬に向けての捕食活動が必要となります。

それらに伴い「秋バス」は他シーズンと比較し釣りやすくなっております。

しかしながら秋特有の難点があるのも事実。

続いて「秋バス」の難点について紹介していきたいと思います。

 

秋バスの難点。

他シーズンと比較し「秋バス」は下記の難点が考えられます。

 

秋バスの難点。

・ターンオーバーによる活性の低下。

・行動範囲が広く、居場所の特定が難しい。

・秋は天候の変化も多く水温、水質が変わりやすくなるためバスの活性に波がある。

 

良い面もあれば悪い面もあるのがこの世の常です。

ちなみに初心者の方の為に「ターンオーバー」の説明をブラバスくん、お願いします。

ブラバス君

「ターンオーバー」とは、気温が下がる事により、水面と水底の水が入れ替わってしまう現象の事を言うんだ。

それによってなにが起こるかと言うと、酸素量の少ない水底の水と水面の水が混ざり合い、酸欠状態に陥ってしまうんだ。

さらには水が入れ替わる時に水底のゴミ、ヘドロなども巻き上げる為、俺達にとっては本当に困った現象なんだ。

ふむ。

ちなみにターンオーバの見極め方は「匂い」「濁り」の他、竿で水面をバシャバシャした後に泡がなかなか消えなければターンオーバの可能性があります。

ではこれら「秋バス」の特徴を踏まえた上で、「秋バス」の攻略方法を紹介したいと思います!

 

秋バスの攻略方法!!

個人的に意識している「秋バス」の攻略方法はこんな感じです。

 

秋バスの攻略方法

・秋は広範囲にバスが散っているので、広範囲を探れるルアーを使う!

・ピンポイントでの釣りが比較的難しくなるので、キャスト数を増やす事!

・ブラックバスにとっても「食欲の秋」であるので、ベイトフィッシュに近いルアーを使用する!

・ターンオーバーを避けて水質の良いポイントを探すこと!

 

以上が個人的に心掛けている「秋バス」の攻略方法です!

さてここまで「秋バス」の特徴と難点、攻略方法についてご説明しましたが、最後に「秋にオススメしたいルアー」をご紹介したいと思います!

 

秋バスにオススメのルアー!!

 

スピナーベイト!

 

まずはこちらスピナーベイト!

さきほども触れた様に「秋バス」攻略には広範囲を効率良く探る必要があります。

そんな時にはやはりスピナーベイトが効果的で、広範囲はもちろん、様々なレンジに対応出来ます。

ちなみに僕は最近、リンクにも貼った「DUO」のスピナーベイトがお気に入りです。

アーム部分がソフトワイヤーになっている為、ナマズなどの想定していない大物が掛かった時の変形などを防いでくれます!

 

バイブレーション!

 

続いてはこちら、バイブレーション!

バイブレーションも広範囲をテンポ良く探るにはもってこいのルアーです。

こちらで回遊ルートやレンジなどを見極める事も可能です!

 

クランクベイト!

 

最後はこちら、クランクベイト!

こちらのクランクベイトもやはりテンポ良く広範囲を探れるルアーとなっております!

ストラクチャーへのリップ衝突によるヒラ打ちでリアクションバイトを誘う事も可能なので、こちらも効果的です!

 

以上がオススメのルアーとなります!

これらのルアーである程度範囲やレンジが絞れるようなら、あとはそのピンポイントに適したルアーやワームに変更していく、というのが僕が実践している「秋バス」の釣り方になります!

 

という事で本日は「秋のバス釣り」についてご紹介させていただきました!

バス釣りはシーズン毎に釣り方が違うところも、また面白いところですね。

僕も今年の秋は例年以上に気合を入れて、デカバスを狙いたいと思います!

 

以上、管理人のリンミーでした!

ブラバス君

俺らにとって忌々しい存在である「ターンオーバー」の説明をさせやがって・・・。

FacebookTwitterInstagram各種SNSも毎日更新しています!!